FC2ブログ
Home>2008年07月14日  TotalPages1

Mon2008.07.14

奥原誠次郎2

反省文『委員会発足会を行ってみて・・・』
奥原誠次郎

まずは、多くの協力者に感謝。
そして、多くの来場者に感謝。
近隣の賛同者に、平に感謝。
急なお願いにも関わらず、駆けつけて頂いた市長に感謝。
何より、最後まで戦った仲間に感謝。

当初の目的であった「委員会発足のセレモニーを、
講演会などの畏まった形式でなく、
垢抜けた形式で執り行い、
広く多くの地域住民や働くスタッフ・オーナーさん達に気楽に参加して頂き、
五感で訴えかける仕掛けと設営で、その共感を得て委員会参加を促す」という命題は、
達成できたと考えております。

そもそも”街づくり”というものは、市民が自発的且つ能動的に行うものであり、
それを世話人自らが体現しながら実施できたことで
一定以上の訴求力を見出すことはでき、
巻き込まれたSCPの参加者や会場設営のスタッフ、
そして製作一切に携わった方々からの反響を聞くに、
やはり実際心身共に巻き込まれて始めて感ずる”主体性”というものが
少なからず残せたことに、その意義はあったと感じております。

また、そのイベント手法として、女性的な感性をふんだんに盛り込み、
男性オジサン陣や役所軍団には思いつかない視点でのアプローチで、
来場者や参画者の方々には存外馴染んでいた。
その様を見受けるに、その主旨目的に対する手法の有り様に関して、
今後の様々な手法考案に際に活かしていきたいと感じ、
個人的にも得る事が多かったです。

最大の反省点は、主旨目的の見失いです。
渦中に居ると、その目的達成の為のアクションを、失います。
本事業において、私自身そうでした。
理由は様々ですが、より具体的な成果獲得の前に、
人と近づき触れあい、談笑に耽ってしまう・・・。
いやー、やってしまいました。
反省です。

しかし、振返って、その『談笑』から始まるのが人のつながり。
まずは街の”仲間”を増やす!っという大きな主旨目的から申し上げると、
いつかは結果に繋がる大きなきっかけだったかな。
これが始まり、道のり長し。
スタミナを調整し、生きた街づくりをしていきたいものです。

折角のチャンス、皆でいい街を作ってみたいと、強く感じてます。


奥原拝


思い出

*Everything was beautiful and nothing hurt.
スポンサーサイト



Mon2008.07.14

奥原誠次郎

奥原誠次郎(インスマート㈱ 代表取締役)

ひどいです、奥原さんだけ、うらスマの感想をメールしてきません。
むう、怒ったぞ。

スマイルチェーン終了後、奥原さんはいの一番に私の元に駆け寄った。
「やったね、村井さん」
「うん、やったね、奥原さん。だから言ったでしょ、心配しないでって。
まかせんちゃい、私に。ええがにしちゃるけん、ついてきんさいね」
なんて言って笑いあったよね。
「スマイルチェーンの僕の感想は、一番に村井さんに伝えたかったんですよ」

奥原さんは、スマイルチェーンを今、この時期にやるべきか、
時期尚早ではないかと、言われていた。
準備時間があまりにもないと、懸念されていた。
この件に関しては、10日前まで喧々諤々していたのよね、私とあなた。

「この、タイミングでは早いのではないでしょうか。
社会実験等を申請して、道路を歩行者天国にしてやるべきでしょう。
日和ると言われれば、その通りです」
「タイミングって何? そんなの誰も判断できないよ。
そんなの結果論でしょ。発足会でやらなきゃ、いつやるの?」

そんなことを言いながら、私は頭の中で「引き際かなぁ・・・」なんて考えていた。
でも、林さんのヒトコト
「最初はSCを実施すると決めていたのだから、実施する方向でいきましょう」で
スマイルチェーン実施する方向でメンバーが全力をつくすことになったんだ。

それからの奥原さんの働きぶりはすさまじかった。格好よかったよ。

笑顔はつながった?」とちょっぴり不安になった私に
Seijiroくんは
「笑顔、つながったと思います。
中国新聞の写真、写っている人達全員笑ってます。
つながった笑顔が、活動につながるように、頑張ります。」
このコメントにちょっぴり涙が出た私でした。


20080711194735.jpg