Home>2008年10月03日  TotalPages1

Fri2008.10.03

ハード勉強会~現地を歩く~

村井さま

お世話になります。

今まさに、村井さんにメールを送ろうとしていたら
村井さんからメールがきて。

わーっ、離れてても同じ時に裏活の事考えていたんだな~・・・ と
ちょっと、感動に浸っていました。

ご存知の通り
昨日の勉強会では、皆で現地を歩いて
机上での理論と刷りあわせしました。

そのときの様子です。

CIMG0746_1.jpg
CIMG0747_2.jpg
CIMG0748_3.jpg
CIMG0749_4.jpg



Thanks 浜口さま

Fri2008.10.03

未来予想図に決着をつける

各位

お世話になります。ハード担当、四居でございます。

本日は広島市の定例ハード勉強会お疲れさまでございました。
みなさまもご承知の通り、ハード整備は活性化活動の起爆剤となりうるものです。

22年度の道路・歩道整備を目標とした場合、
逆算しますと来春5月くらいには、
われわれのコンセンサスが明確にとれていないとダメなんだそうです。

現在の所、街に住んでおられる町内会長さん達は、
電線地中化を強く希望されています。
実現可能かどうかではなく、これは実際24時間 
そこに暮らしておられる方のご意見ですから
無碍にはできないと思います。

対してプレーヤーであるテナント側は、
デザイン的であったり、「裏通り」としての
個性・・特化したものを打ち出そうという姿勢が強いです。

つまり現在は、私たちのコンセンサスは
まったくとれていない状態であるということです。

ハードはハード、ソフトはソフトなどと割り切ったものではありません。
ハードの在り方、方向性はまさに何度も何度も議論を重ねてきた
未来予想図そのものであると思います。
(いつも結果が出ずに持ち越しで、そのまま宴会に突入していましたが)

いい機会ですから、未来予想図・・・決着をつけましょう!!

追い詰められてこそ、ものすごいパワーを発揮する私たち裏活メンバーの
本領を発揮する時です。

どの道、来期の活動方針(=助成金申請)、
エリアマップ、アートな街作り・・・etc 課題は山積しています。

ハード勉強会の後、奥原さんに呼ばれて裏通りの一画に2人でたたずみ、
そこの未来図についてすばらしい提案を頂きました。
これは前回の原田さんの勉強会=組織 にも連動します。

・・・ということで、また毎週の 会議開催を提案させて頂きます。

アジェンダ;「未来予想図に決着をつける」



メールの中で一番気になった部分は
その内容よりも
夕暮れの袋町裏通りに佇み野望を語り合うO副会長とY副会長。
↓↓こんな絵を想像しちゃったヨ。

P9120007.jpg