Home裏通り今昔>未来の裏通りはどんな通りかな?

Mon2007.06.04

未来の裏通りはどんな通りかな?

夢の中でも裏通りが登場?


この本通り南裏1本目の通りは終戦前にはなく、
終戦後の復興計画によって新たにできた通りです。
並木通り付近は小さな川が流れ、
道もアスファルトなどではなく土で、
荷車の往来もありました。

また、古くは「下瀬火薬」の発明者として知られる
工学博士・下瀬雅充の出身地でもあるのですが、
このあたりは「鉄砲屋町」と言いました。
そのほか本通りには平田屋町、播磨屋町といった町名が存在していました。

世良邦治さん(多津瀬 代表)
Hiroshima 2006 10月号より抜粋

**    **    **     **    **   **


過去から、現在、そして未来へと、
どんな通りになっていくんだろう?
裏通りに夢をたくす人々がいる。



COMMENT

+昔の「街、通り」の名前を・・

復活させる?
再登用していただきたいものです。
でも、
誰が?
いつ?
なぜ?
何の効果を狙って?
広島市街地の「町名」や「通りの名前」を変えたのでしょうねえ~・・・
例えば、
今の「加古町」?
昔は「水主町」!
以前の町名の方がよっぽど優れている・・・
通称「裏通り」は、一刻も早く「もっと新しい通りなまえ」をお創りになったら如何?

日々、おもしろく拝読させていただいています。

+少し長い返答ですが、

執事のトーマス様

毎回、鋭いご意見ありがとうございます。
背筋をのばして答えさせていただきます。(シャキッ!)

このブログ開始の意図は、
皆様に裏通りの情報を発信するとともに、
裏通りで店を出している各店主に向けても
発信しているのです。

というのも、今までこの通りは、各店は魅力的で、
個性的であるのですが、
共同事業・イベントといった意識は皆無でした。

その結果が、通行量が本通りの1割という結果に表れています。

活性化委員会の立ち上げ、
各プロジェクトの実施、
ハード面の充実、
それにより各店の共同事業の参加を促し、
回遊性のある通りにする。

それが最終目的です。

そして、やはり通りのネーミングは
この活動の中でもメインイベントです。
だからこそ、まだ各店の参加意識が薄い現在に
行うのではなく、
もう少し歴史を勉強し、
もう少し結束してからの方がいいのではないか、
と思うわけです。

もちろん、逆の意見があることも承知しております。

以上は私個人の意見であり、委員会の総意ではありません。
14日に勉強会があるので、
執事のトーマス様のご意見も皆で検討いたします。
結果をご報告しますね。

本当に、いつもありがとうございます。
これからも、ご指導、ご指摘お待ちしております。

sewanin*kai 拝

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://uradori521.blog105.fc2.com/tb.php/14-142a55e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)