Home裏通り今昔>袋町の歴史

Sun2007.06.24

袋町の歴史

地図今昔

『袋町』の町名由来は、江戸中期(明暦1657年)頃西魚屋町界隈が大火となり、
消失した戒善寺は現在の小町に移転していますが、
その跡地が『袋町』となりました。
なぜか?

「大黒山護念院戒善寺」が正式名称であり
大黒天も祀られていたのです。
(知恵や宝が一杯入った)大きな袋を肩にかけたお姿から
町の安全を祈念して『袋町』と名づけたと、一説にあります。

「新設」本通り南にそう1本目の通りは、
戦後の復興計画で出来ました。
終戦前は、東ブロックは鉄砲屋町。
西ブロックは袋町。
今は戦後に町名や住居表示の改変で『袋町』に統合されました。

「うらぶくろ」HISTORY より引用

COMMENT

初めまして♪

こういう町名由来って
結構好きなんです。

説明を読んでるだけで
タイムスリップしたみたい。(*^_^*)

マリリン様

コメントありがとうございます。
面白いですよね、町名の変遷って。
この地図を作成しながら私、そうそう昔キリンビアホールってあったわぁ、
なんてなつかしく思い出しました。
裏通り活性化委員会には昔の袋町を知ってらっしゃる方が
たくさんいらっしゃいます。
今後、袋町の昔話をたくさん聞いて、このブログで紹介していく予定です。
sewanin*kai 拝

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://uradori521.blog105.fc2.com/tb.php/37-f77662b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)