Home日々の裏通り>ボローニャ紀行

Sun2010.07.11

ボローニャ紀行

「ボローニャ紀行」井上ひさし
2010071119110000.jpg

イタリア人は国というものを一切信用していない。
しかし人間はなにかを信用しないと生きて行けませんから、
家族を知り合いを、そして自分の住むところを
信頼に値するものにする。

ここで恋をし、ここで子供を育て、
ここで死ぬことができて幸せだった。
そう思える街をみんなで作りあげること、
それが自治なのではないか。



うらぶくろを信頼に値する通りにする…
それが地域の活性化だろうな。

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://uradori521.blog105.fc2.com/tb.php/752-329d83f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)